プロフィール

最新エントリー

アーカイブ

ちむぐりさ

フジテレビ系列のアナウンサーは

もちろん放送でのアナウンスはもちろん

プロ級のピアニストだったり

現役のプロスポーツチームの選手を

続けていたり、多種多様、多才な面々が

揃っています。

その中には、なんと「映画監督」が

います。

沖縄テレビ放送の「平良いずみアナウンサー」が

その人です。

私の系列アナウンサー研修会での講師歴で

最初の研修会での教え子ですが

アナウンサーとしてもナレーションの名手で

あまり教えることのなかった女性です。

ただ、方向音痴ということに関しては

たぶん系列でも右に出る者はいないと思われ

会議で福岡に出張してきて、自分が予約した

ホテルに一発で到着できたことはないと

断言できます。

その平良アナが、メガホンをとり

今の沖縄が日本に、

そして世界に伝えていかなければ

ならない視点、論点を、

間違いないベクトルでスクリーンに

映し出している映画

「ちむぐりさ~菜の花の沖縄日記」。

今年2月から上映される予定が

新型コロナ感染拡大という状況を

受け、全国での公開が予定より

遅くなっていましたが、いよいよ

福岡でも10月3日(土)から

9日(金)までの予定で

福岡市中央区長浜の

「KBCシネマ」に登場します。

私は配信上映で見ましたが、簡単なあらすじは

沖縄にやってきた北国育ちの15歳の少女が、

沖縄で次々に起こる事件や事故、

それとは対照的な学校での穏やかな時間に

思いを巡らせ、故郷の新聞に書き続けた

コラムを起点に、少女の澄み切った姿と

言葉を描くドキュメンタリーです。

あの「津嘉山正種さん」

(沖縄県出身の俳優・声優。

NHK-FMのクロスオーバーイレブンでの

語りは、私にとって憧れの的でした。)

の朴訥とした抑えた語りで進められる

106分です。

初日には平良監督の舞台挨拶もあるそうです。

ぜひご覧になっていただきたいのですが、

果たして「平良監督」が無事に映画館に

たどり着けるかが・・・心配なボクタクボでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031