トーテム観てきました

私は、私なりの熱を持って

「ミニマニアワー」をはじめ

各番組で「トーテム」のPRコメントを

読んできました。

しかし、「局アナウンサー暦30年」も

本物のステージの情熱(パッション)の前には

「いかん、今後はもっともっと

『観て欲しい!』という熱い暑い厚い気持ちを

持って伝えなければ、このステージの持つ

本当の熱量を伝えることができない」と

いたく感じ入ったところです。

今まで以上に、「目が離せない感」が

強くなっています。

特に今回、子どもたちの喜びようが

いつもに増してすごいんです。

子どもの気持ちにダイレクトに飛び込んでくる

なんて、なんてピュアな感動を与えてくれるんだ

「トーテム」・・・。

ダイハツ トーテム 福岡公演は

福岡市の筥崎宮外苑「福岡ビッグトップ」にて

絶賛開催中です。

 

 

意外な年男がいました

新年あけましておめでとうございます。

今年もボクタクボならびに

TNCアナウンサーズを

よろしくお願い致します。

 

さて、それは元日におなじみ

愛犬「いち♂」の散歩をしていた

時のことです。

「えーと、いちは今年2月で

12歳だねー。」なんて話しかけ

ながら、そこで気付いてしまったのです。

愛犬は平成17年2月生まれ。

そう、なんと彼は「酉年生まれ」、

年男だったのです。

2011050314110000

その日は、お正月ですので

田作りならぬ「おやついりこ」を

いつもより多めにあげたのでした。

ちなみに来年は、「戌(いぬ)年」なので

また「おやついりこ」を多めにあげないと。

 

ちなみついでに、最近は「犬の厄年」と

いうのも取り上げているサイトがありまして

なんでも「7歳 10歳 13歳 16歳」が

それにあたるそうで、「犬の厄除け」をしてくれる

神社もあるんだそうですね。

 

おじさんの老化一直線の症状のひとつは

「好奇心の減退」だそうですが、

4月で局アナ生活31年目を迎える今年も

「1日1発見」のテーマを掲げて

いろんなことに首を突っ込んでいきたいと

思っております。

 

ところで、犬の厄年は満年齢なのか数え年なのか

・・・。どちらなんでしょうか?

数えだったら、「いち」に厄除けに

「おやついりこ」を多めにやらないと。

 

 

と・ん・だ1年

突然ですが、今年の漢字は「金」でしたが

さて私の今年の漢字は何だろうと考えました。

残念ながら、今年も「痩」は当てはまりませんでした。

もちろん「金」も違うな。有馬記念は

的中はしたものの、結果的に財布の中身は減っているという始末。

大きな病気も怪我もしなかったので「無事」・・・・・

ありがたいことですが、二文字ですか。

 

そうです、この漢字がたぶんぴったりというのがありました。

「飛」

今年は、「熊本地震」「博多駅前大規模陥没」そして

「プーチン来日」と大きなニュースの度に

ヘリコプターリポートを担当しました。

2005年・福岡県西方沖の地震以来の

ヘリコプターリポートだったのですが

結局計算すると、今年は40時間近く

ヘリコプターに乗っていたことになります。

年末の報道特番などで、現在の熊本の姿が

映し出されていますが、熊本城は地震当時と違い

むき出しの屋根の骨組みからは草が生えだしていて

復興がまだまだ進んでいないことをいみじくも

語っています。

 

今年、フジテレビ系列の九州・沖縄8局のアナウンサーは

12月にTNCに集まって、「災害対応アナウンス研修会」を

開きました。

日頃、緊急放送対応の訓練は各局で行っているものの

活断層の専門家の講演を聞いたり、熊本の同僚から

当時の話を聞いたり、密度の濃い1泊2日の研修会でした。

日頃は地上から報道にあたる機会が多いだけに、今回は

あえてヘリコプターで収録した映像にコメントを付ける実習も

行いました。

ヘリコプターの映像では、地上の細かい様子は

わからないことも多いのですが、例えば被災地で

給水所に並んでいる人の列の長さはよくわかりますし

その並んでいる人の影が短ければ、真昼だということが

判り、日傘をさしている人がいれば日差しが強いという

ことも伝えることができます。

今回は私が経験した時が近かったので、このあたりは

しっかり伝えたつもりです。

「マクロ」と「ミクロ」が揃ってこそ

災害報道は成り立ちます。

九州ではありませんが、先日の糸魚川での大火災でも

上空からの映像がその延焼範囲の広さを生々しく

伝えていました。

 

こういった危機感はやはり時と共に薄れていく

こともあるでしょう。

ただし、若手の時でなく、30年目で飛んだこの1年は

私にとって、現役として、かつ研修の指導に当たる身として

更に気を引き締める大きな経験になりました。

 

今年もTNCアナウンサーズを応援いただきまして

ありがとうございました。

個人的には、来年こそは

「身を引き締める」1年にしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

奇跡の誕生日

おかげさまで昨日、53歳になりました。

まあ、ちょっとだけお祝いという感じで

20年は通っている行きつけの居酒屋さんの

のれんをカミサンと一緒にくぐりました。

カウンターには常連さんばかり他に5人。

そのうちのお二人の会話を何気なく聞いていると

どうもご夫婦のようで、かつ、ご主人が

誕生日らしいのです。

「ひょっとして・・・!」

「えっ、あなたもひょっとして・・・!!」

夫同士、同じ誕生日!!!

この「Iさん夫婦」も、ご主人の誕生祝で

地場の魚介類に舌鼓をうっていたのでした。

さて、互いの夫人の共通点は「帽子」!

帽子の話題で話も弾んでいたところ、やはり

誕生日の話になり、

T夫人「誕生月は何月ですか」

I夫人「※月です」

T夫人「えっ、同じですね」

I夫人「では誕生日は?」

T夫人「◎◎日です。」

I夫人「えーーーー!!!私も◎◎日なんですよ!」

そうなんです。

ダンナさんの誕生日と奥様の誕生日は

それぞれが一緒で(誕生年は違いましたが)

その2組の夫婦が、同じ居酒屋の同じカウンターで

誕生祝をしていたという

まさに「奇跡の誕生日」。

いや、これはなかなかないでしょう。

これからの1年、何かたくさんの

素敵な出会いが待っているような

ワクワクする予感で、ちょっと調子にのって

飲みすぎたボクタクボなのでした。

 

 

あすから11月ですか

はい、10月になってまだブログを更新していませんでした。

慌てて書いております。

来月・11月はボクタクボにとって誕生月!

なんですが、

あの「バラクーダ」の名曲

♪日本全国酒飲み音頭♪

によりますと

11月は

『何でもないけど酒が飲めるぞ!』

となっております。

さらに、かの「大瀧詠一」氏の

アルバム「ナイヤガラ・カレンダー」の中で

11月の曲は

♪想い出は霧の中♪

というタイトル。

歌詞には

『あの夢 まぼろし はかなく消えて

想い出は 夢の中』とうたわれています。

どうも、何でもないし、はかないのが

11月のようです。

そういえば私の田舎の小学校では

確か11月生まれが「ボクタクボ」一人だけ

でした。

誕生会は、12月組と一緒に開かれました。

今は、フジ系列の九州の局に同じ11月21日生まれの

アナウンサーが二人もいますし、

あのHKT48・指原莉乃さんも11月21日生まれと

周辺環境は充分賑やかになってきました。

(先日急逝された俳優の平幹二朗さんも同じ誕生日の

30歳先輩でした。哀悼の意を表します。)

でも、何か「何でもないけど酒が飲める」のは

昔は「なんて寂しい歌詞なんだ!」と悲しかったのですが

今となっては、お気楽でいいなと感じますし、

「想い出は夢の中」の方が、ほんわかしてよかよかと

しみじみ思います。

・・・・・そう言ってるうちに、師走に突入して

いくんでしょうね。

もっか、私にとって、現在、一番大きな「11月」は

年に2回の「健康診断の月!」なのであります。

今日までしっかりいただいて、明日から

対策を考えましょう。

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 24

カレンダー

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728