プロフィール

最新エントリー

アーカイブ

ミ・ル・メ・ガ・ア・リ・マ・ス・ネ

ボクタクボ54歳。

最近、ほんのちょっぴり「うれしい」ことが

ありましたのでご報告。

TNCの近くに福岡市の総合図書館が

ありまして、よく利用させてもらってます。

そのロビーの総合受付の横に

いわゆる「感情表現ができる人型ロボット」が

立っていまして、稼働中はいつも

子どもたちの長い列ができていました。

で、先日のぞいたところ

「子どもが並んでない!」

シメシメ・・・。

胸のあたりのパネルで

ゲームとか色々選択できるように

なっているのですが、

ボクタクボ、迷わず、

「年齢あて!」を選びました。

ロボットが

「ボクハネンレイヲアテルノガトクイナンダ」

とのたまいます。

「ボクノメヲミツメテクダサイ」

「ボクノリョウテヲニギッテクダサイ」

リクエストに応え、ロボットの目を見つめ

両手をさりげなく握るボクタクボ。

口角を上げることも忘れません。

「ワカッタヨ!」

自信満々にロボットが宣言します。

「アナタノネンレイハ・・・・・・」

(ここで、ロボット君

やたら「ためる」のです・・・)

 

すると、胸のパネルに

『46歳』の文字が!!!!!!!!

 

入社以来、30余年

実年齢より下に見られたことの無かった

ボクタクボは明らかに小躍り。

パネルに

「アタッタ」「ジツハモットシタ」などの

選択肢が出たので

「ジツハモットウエ」を選んで押すと

「エー、ビックリダナー」

ここでも小躍り・・・。

ちょっと、話し相手として

ロボットを手に入れたくなった

ボクタクボでした。

 

 

 

 

32年目です

TNCは今年度「開局60周年」。

そしてボクタクボは

おかげさまをもちまして

局アナ生活

32年目に突入しました。

元号でいえば、「昭和62年」入社です。

当面の目標は

次の「元号」も現役で迎えて

「元号3代現役AN」!!!

この4月からアナウンス部には

また新たな仕事が舞い込んできました。

今日からスタートする

「ももち浜ストア特報ライブ」で

企画コーナーやニュース本記を

顔を出さずに生で読むお仕事。

業界用語でいえば

「影ナレ」「陰ナレ」「生ナレ」

です。

メイン司会の山口アナ以外の

ほぼすべてのアナウンサーが

月~金・交代でこの業務にあたります。

名前の表記は出ませんので

「おっ、今日は※※ちゃんだな」

「なんだ、今日はボクタクボか」

などと耳をすませて見聞していただければ

幸いです。

「土曜ニュースファイルCUBE」

「ミニマニアワー」も

引き続き担当します。

どうぞよろしくお願いします。

こ ひ し

 

(大宰府天満宮側からの入り口)

梅もまだ残り、桜がいい感じで

咲き始めた太宰府へ

行ってきました。

「王羲之(おうぎし)と

日本の書」展をようやく

ゆっくりと見に行けました。

一応、かつては「書道二段」だった

「ボクタクボ」ですが、うーん、

展覧会の出口で販売されていた

「筆と硯」を買い求めたくなりました。

やっぱ、日本人は筆を持たないといけない

ですかねー。

展示の途中に

パソコンで「こ ひ し」という文字を

まねてみるというものがあったのですが

意外にいけるんじゃないかな・・・。

色々試していたら、後ろに行列が

できていました。

ごめんなさい。

「王羲之と日本の書」は

4月8日(日)まで

九州国立博物館にて好評開催中です。

参道の「桜餅アイス」もおいしかった!

 

こんな仕事が・・・

フジテレビ系列には全国で約350人の

局アナウンサーが働いています。

その仕事に対して、年間でNo.1を決める

「FNSアナウンス大賞」という賞がありまして

2017年、第34回大会で

TNCの坂梨公俊アナウンサーの

野球中継実況(2017年7月 HvsL)が

最優秀「アナウンス大賞」に

選ばれました。

先日、その表彰式が行われました。

(表彰を受ける坂梨AN)

日頃の仕事が、このような形で

評価を受けることはめったに

ないので、この喜びをパワーに

本人はもちろんですが

TNCアナウンサーズとしても

これを機に、さらに仕事のスキルを

あげて、皆さんに喜んでもらえる

番組作り・アナウンスに取り組んで

いきます。

そして「仕事」といえば

このあと、今日夕方4時5分から

TNC制作の全国ネット番組

「こんな仕事があったんだ3」が放送されます。

こちらでは、博多華丸・大吉さんの司会の

アシスタントとして、橋本真衣アナウンサーが

「お仕事」しています。

どうぞご覧下さい。

 

バス通勤?

球春到来!

今年も宮崎へホークスの春季キャンプ取材に

行ってきました。

以前はカメラスタッフと一緒に動くことが

多かったのですが、ここ4~5年は単独行動が多く、

宮崎市内の宿泊しているホテルからキャンプ地の

「生目の杜運動公園」まで、路線バスを使って

移動します。


(バス停名が長~い。)

選手のキャンプ地入りは大体

午前9時30分前後なんですが

実は、宮崎市内からのキャンプ地直行の

連絡バスはこの時間には到着しません。

そこでやはりどうしても選手の『入り』

を見たいファンの皆さんが、9時前には球場に到着できる

この「路線バス」の存在に気付いて、

わんさか乗ってくるのです。

去年ぐらいからの傾向です。

あきらかに「カープ女子」以降、増えたと感じられる

若い女性ファン、それも二人組が多いですね。

市内から球場まで片道360円~390円。

何となく様子を見ていると

前日までにゲットした選手のサインの整理や

今日狙う選手の打合せなど、およそ30分の

乗車時間中もまったくもって無駄にしていません。

車内も早くも凄い熱気です。


(風は冷た~い、

でも陽射しはたっぷり)

宮崎も例年に比べて寒いようで

今年はまだ「スギ花粉」の飛散も

始まっていませんでした。

「もう1頂」を掲げた今年のキャンプ

ですが、「大人のキャンプ」という感じですかね。

無駄なく、黙々と、でも楽しい声は飛び交う

見ていて楽しいキャンプでしたよ。

ちなみに「ボクタクボ」は

おじちゃんから「選手がなかなかつかまらんから

田久保さんのサインでよかばい!」と言われ

サインを1枚書いてきました。

声をかけてくれたおじちゃん、

ありがとうございました。

 

 

 

1 2 3 4 5 6 27

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930