「オリ」を支える元タカの守護神!

今日から、いよいよ後半戦、最初のパリーグ首位攻防、

ソフトバンク、オリックスの直接対決が始まります。

 

首位攻防と言えば、7月上旬のパリーグ首位決戦の実況の際、

オリックスベンチで、昔から親交が深かった「馬原投手」と

久しぶりの嬉しい再会を果たしました。

話は弾んで、昔話から、今のオリックスの話まで・・・。

 

前半戦、オリックスを支えたのは、間違いなく、

奮闘して来たリリーフ陣です。

移籍して来て、感じたのは、

『オリックスとソフトバンクとでは、ブルペンの雰囲気が全く違う』のだとか・・・。

 

『ソフトバンクのブルペンは、どちらかと言うと、

皆が、試合を固唾をのんで見守っている雰囲気』

『オリックスの場合は、周りが皆関西人ばかりで、

ノリがホント、中学の部活の様に、リードされていても、

ワイワイガヤガヤ、騒いでるんです』と

『関西弁が、ずっと飛び交っていますよ』と話してくれました。

 

今は、リードしている7回の男・・・。

『当時は抑えだったから、完全にリードしている場面でしか、

ブルペンで肩を作ることが無かった。今セットアッパーになって、

いつどこで行けと言われるか分からない。だから序盤から僅差なら、

僕と比嘉はいつもブルペンで肩を作っていますよ』と。

『今セットアッパーになって、あの時の摂津の苦労が凄く分かるんです。

当時は、今の僕と同じ様に、毎日黙々と肩を作ってましたから。

あいつ相当大変だったろうなあって・・・』、

しみじみと当時を振り返っていました。

 

今やソフトバンクの不動のエースとなった「後輩」を

改めて想いやる「先輩の気持ち」がそこにはありました。

 

今日からの2強対決、ソフトバンクに、

オリックス投手陣を打ち崩して欲しい反面、

「7回だけ」は、オリックスに抑えて欲しい、

そんな複雑な闘いをこれから迎えそうです。

 

 

息子雄勢はやはり凄かった!

金鷲旗が終わりました。

優勝は、東京の修徳高校。

初優勝しました。

ATT18500

小川直也さんの息子、雄勢選手率いる修徳が

春の選手権に続き、2冠を達成しました。

そして、何より、雄勢選手、これまで

実況したどの高校生よりも、『迫力』が物凄かった!

190㎝、135kgは、向かう所敵なしでした。

お父さんの直也さんも、会場に見に来ていて、

終わった瞬間は、ほっとした、なんとも言えない父親の表情をしていました。

解説は、東京世界選手権金メダリストの穴井さん。

ATT99390

組み手争いから、技の攻防、抜き勝負の駆け引きまで、

解りやすい解説を頂きました。穴井さんは、8月下旬にフジテレビ系列で

放送されるロシアの『世界選手権』の解説もされますので、

是非、ご覧ください!

今年は、2020年の東京オリンピックの日本代表候補が

ずらりと顔を並べた大会でもあり、井上康生全日本監督や、

鈴木桂治全日本コーチも視察に訪れていました。

九州地区の放送は今日でしたが、7月30日の深夜、

フジテレビで放送します。是非、2020年の

オリンピック候補を堪能してください。

 

父の実況の後は息子・・・!

先日は、『イノキゲノム』で、全日本選手権5連覇、

バルセロナオリンピック銀メダリスト

 小川直也選手を実況!今度は、その『息子』を実況するかも知れません。

 真夏の高校柔道日本一を決める金鷲旗です!

 ATT15933

今大会最注目は、東京、修徳高校3年生の『小川雄勢』選手。

 このツーショットは・・・、なんとも言えないものがあります。『父と子』!

 ATT40319

 そう、小川直也選手の息子さんです。春の選手権、

個人無差別で見事優勝!

 2020年の東京オリンピック期待の星なのです。

お父さんと同じ、『左組』。

 左の奥襟を取って技に入る柔道は、まさに、父直也さんそっくりです。

 息子の試合を、ほとんど見に来ていると言う直也さんは、

この金鷲旗、ベスト16。

 直也さんは『この金鷲旗で、全国の強豪選手と戦い、改めて、

もっと上の舞台で戦いたい』と

 思ったといいます。一方、雄勢選手は、お父さんのことを聞かれても、

 『自分は自分なので』と余り多くは語らないそうです。それでも、

 幼少の頃から、水泳、バレー、色々とスポーツをやってきた中で、

最終的に、『柔の道』を選んだのは、

どこかで、お父さんの背中を追いかけていた

息子の姿があったからかも知れません。

 父直也さんは、『息子が柔道に打ち込むようになって、

家族の絆が深まった気がしますね』と。

この言葉は、本当に深みを感じます。

 ATT61703

この金鷲旗には、これまで、日本柔道界を牽引してきた、名だたる柔道家

 が出場しています。

 全日本監督、井上康生監督は、96年、夢叶わず、

 ATT23096

 谷亮子さんは、93年初出場!

 ATT21118

 大好きな鈴木桂治全日本コーチは、98年連覇ならず。

 ATT20053

 82年には、(袈裟固めを決めている)古賀稔彦さんが、衝撃の5人抜きデビュー。

ちなみに、今年は、古賀さんの息子さんも、実は、愛知の大成高校で出場します。

 ATT97657

 明日女子の解説を務めてくださる日下部基栄さんは、93年、悲願の初優勝!

 オリンピックのメダリスト達は、この金鷲旗から世界へと羽ばたいて行ったのです。

明日、女子の放送は、午後3時55分から九州8局ネットで、

男子は、24日、同じく、午後3時55分から、九州8局ネットで、また、後日、

関東、関西、東海圏でも放送します。是非ご覧ください。

過去最高の試合だった・・・!

梅雨明け直前、大雨の春日公園球技場・・・。

こんな日は、ラグビー関係者の間では『ラグビー日和』と言うらしい。

とにかく、大雨で、グラウンドはびちゃびちゃ。ひどい天候だった。

グラウンド (1)

子供の話である。息子のラグビーの話である。過去最高の試合だった・・・。

この日の相手は、去年も敗れている『春日ヤングラガーズ』!同じ小学2年でも

体は、一回りも二回りも大きい選手ばかり。1試合目は、この最悪な天候の影響で、

『大惨敗』であった・・・。何本取られたか分からない・・・。とにかく、

『気持ち』が全く感じられず、点数以上に、ひどい試合だった。

2試合目の直前、チーフコーチから、皆を集め、かなりの『激』が飛ぶ!

『本物のタックルじゃない!本物の走りじゃない!気持ちが感じられないんだよ!』

『気持ちを出せ!勝ちたい、気持ちを出せ!』

普段よりも、厳しい口調で、この時のコーチの激は、

気持ちが入っていないことへの『怒り』に近いものだった・・・。

息子の学年は、タレント(センスと能力が備わっている選手)は揃っていて

世代の中でも強いと言われているが、

何せ、スロースターターなのでなかなかエンジンがかからない。

子供たちは、一人一人、徐々に目を覚まし始めて来た。コーチの熱い激で!

エンジンATT15671

2試合目、子供たちの試合に臨む『気合』は凄まじいものがあった・・・。

それにしても、大雨で、カメラのレンズも雨粒だらけ・・・。それほどの大雨だった。

響

皆で、大きい相手に体全体で突進して行く。

でかい

気持ちが入っているプレーと入っていないプレーとでは、こんなにも違うものかと・・・。

1試合目とは大違いだった。とにかく、皆の、ガムシャラさが、凄かった。

倒れても倒れても、皆で、ボールをとりに行く、タックルで止めに行く。

子供って、こうも、『気持ち』だけで変わるものなのか?それほど、ボロボロに

倒されても、それでも、向かって行った!

整列 (1)

結果は・・・・・。相手に7本取られ、またしても、大惨敗。

春日さん、アッパレです!それでも、

父が見た試合の中で、過去最高の試合だった!

父兄も皆、そう言っていた。

ボロボロにされた。それでも、

我武者羅に、ただ、ただ、ボールを追いかけた。

終了のホイッスルの瞬間、息子も含め

何人かの子供達が・・・、号泣していた・・・。

普段試合で負けても、友達とふざけあったり、じゃれあったり、

それが普通の2年生の姿である。それはそれでかわいい。

でも、この日だけは・・・泣いた。

仲のいいお父さん達と『恐らく、やり切ったから、自然と涙が出たんでしょう』と、

そんな話をしていた。よく、アスリート達は、『最後は気持ちです!』と

言うけれど、次元は違えど、それが、ほんの少しだけ分かった。

涙の理由を、帰りの車で聞くと、『悔しかったから』と。自然と涙が出たのは、

何も考えず、ただただ、ボールを追ったから・・・。胸が熱くなった。

闘いの傷

家に帰って、ベランダにある『戦いの傷跡』を見ながら、

たくましく思えた。どんなことでも、やっぱり『気持ち』が大切なんだと、

改めて、学ばせてもらった一日だった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

明日は、猪木ゲノム30!

先日、IGF、『猪木ゲノム30』の実況を国際センターでして来ました。

ATT94873

会場は、普段のドラゴンゲートと違い、当時のK-1やPRIDEの

様な雰囲気で総合格闘技的な空気が漂っていました。

今回注目は、あの破壊王故橋本真也さんの息子、大地選手が、

IGFにデビューすること。

この試合は、実況坂梨、解説はIGF公式パンフレット編集長・Show大谷さん、

ゲストなかやまきんに君さんでした。

会場内に、橋本真也さんのテーマ曲「爆勝宣言」が鳴り響くと、

胸にじーんと来るものがありました(解る人にはわかると思います)

ATT95100

何より、一番の凄みは、このシーン!

対戦相手の藤田選手の顔面をもろに蹴り上げた

大地選手のハイキック!

久々に、格闘アナとしては、鳥肌が立ちました。

ATT74628

そして、私は、カミノゲプロレス編集長の井上さんとメインイベントへ。

ATT48031

左は、暴走柔道王小川直也選手、右は、なんと、K-1で暴れまわった

破壊と暴言「ジェロムレバンナ」。

まさか、あの「ジェロムレバンナ」を実況できる場があるなんてと、

こちらも大興奮でした(解る人には解ると思います)

ATT34837

この二人の空間を見るだけで、格闘技ファンなら

強烈な興奮を覚えることでしょう!

この試合の模様は、明日日曜日、深夜2時05分より放送します。

橋本大地の密着VTRや、

新垣アナ、大地独占インタビューなどもあります。ぜひご覧ください。

 

 

カレンダー

2014年7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031