【出張報告in仙台】

sendai1

仙台の紅葉は見頃、あるいは、色あせ始めの季節を迎えていました。
風邪をこじらせているので、タートルネックにコートも羽織りましたが、
それでも冬を思わせる寒さに襲われました。

1日目は、用語統一会議。
フジテレビ系列で使う言葉を検証しました。
「丁字路」なのか「T字路」なのか。
「依存」は「いそん」「いぞん」どちらで読むべきか。

本来の意味や、アンケート調査の結果を踏まえて話を進めます。
多くの人にとって易しい言葉を選択するために
丁寧に言葉に向き合っているため、結論は1回では出ません。

最新の情報を伝えたいけれど、
その時に使う言葉は必ずしも最新ではありません。

sendai

そして、2日目には被災地を案内していただきました。
約1年ぶりに見た光景は、
復興が進んでいるところ、以前とほとんど変わらないところが
まばらに存在しているように見えました。

違う立場の方々から、それぞれのお話やご意見を伺うと、
見えてくるものも全然違いました。
様々な思いや現実を知れば知るほど、
考えをまとめることは難しくなっていくようですが、
もっと知っていこうと思いました。