日曜日の競馬BEATは・・・九州産馬。

先日、九州産馬の取材に、熊本阿蘇まで行って来ました。

訪れたのは、熊本で牧場を営む村山光弘さん、50歳。

九州産馬の数は、全国的に見ると僅か1%。

そんな中、7年前に村山さんは、この世界に足を踏みいれました。

元々、畜産農家で、和牛を生産する牧場を経営していた村山さん。

日本の競馬界最大規模の社台グループの創始者「吉田善哉物語」が

この世界に入るきっかけだったのです。牛の畜産を続けていれば経営も

順調に進んでいたのに、敢えて競走馬の生産を手掛けようと思ったのは、

そこに、大きな夢があったから。競走馬を育てる為、手作業で厩舎を建築、

畑を放牧地にしたのです。当然、当時は、

周囲の猛反発もあったそうですが、それをバネに変え、JRA通算ここまで7勝を挙げ、

九州産の存在感を短期間でしっかりと示しています。村山さんの夢・・・。

「競馬、競走馬には、そこに携わるすべての人間の思いやりや、失敗、それを糧にする

 人間ドラマ、人間模様、喜び、色々な感情が、詰まっているんです。だから、

 僕らの1勝は、単なる1勝ではないし、出走する意味は、単なる出走ではないのです」

そう語る村山さん。僕は、今回の取材で、

競馬番組キャスターとして、改めて競馬において、一番大切なもの、忘れていた事を、

気付かされた気がしました。その馬に懸ける情熱、出走までに辿る人間ドラマ、

再来年、産駒がデビューする管理馬「ダノンゴーゴー」をなでる様にブラッシングする

その表情は、本当に生き生きとしていて、これが本当に夢を追い求めている人の

瞳なんだと感じました。この模様は、日曜日午後3時からの競馬BEATで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嬉しいニュースがありました!

私事で恐縮ですが、先月7月25日、第三子が産まれました。

おかげさまで、母子ともに健康で、3290gの女の子でした。

それに伴い、何故か第二子の息子の時よりも、倍以上?、色々な人から

出産のお祝いをいただきました!

そんな中で、アナウンス部の皆さんからも、お祝いをいただきました(申し訳ない・・・)

タマリバの喜久ちゃん、「緑のラルフローレンの洋服」ありがとう!!

おそらく、奥さんが選んでくれたんだと思います。お互い、3人の父として

頑張らなアカンネ・・・。そして、坂梨君、奥さんと選んでくれた可愛らしい洋服

ありがとう!

そんな中・・・・・。

田久保さん以下、アナウンス部の皆さんから、何と、下の「クロエ」の洋服を頂きました。

うちのかみさん曰く、

「これは相当高価なものだよ、なかなか自分達で買えるものじゃないよ」と・・・。

アナウンス部の皆さんで出し合って、買ってくれたそうです!

本当にありがとうございました。

選んだセンスは、津野瀬アナだそうです。流石・・・。

皆様、この場を借りて、本当にありがとうございました!

厚く御礼申し上げます。

 

 

 

明日は・・・Wヘッダー!!

今週は、本当に、ハードな一週間でした・・・。

今明日の競馬実況の準備の真っ最中・・・。

気分転換に、ブログの更新をしつつ、告知も兼ねて・・・。

今週は、日曜日の競馬BEATに始まり、月曜日は、子供のラグビー合宿で大分へ。

日帰りで、火曜日から野球中継の準備、水曜日野球中継実況、

木曜日野球中継スコアラー、今日、キューブ「竹島問題」、そして、明日が、大トリ、

Wヘッダーで、競馬BEAT&北九州記念実況、そして・・・ドラゴンゲートの実況という

流れです・・・。先週の、藤川京子さんがゲストで来た競馬BEATがかなり、懐かしく

思いますが・・・・。あの時は浴衣だったなあ。

さて、昨日私のデスクの後が何やら、騒がしい・・・!?

ふと見ると、木曜日野球デビューを終えた坂梨が、競馬実況の準備にいそしんでいる

ではありませんか?野球の次は、競馬です。

実況アナは、準備が大切なのです!ふむふむ。

1時間後、振り返ってみると、何と、ドラゴンゲート!プロレスの実況の準備をしている

ではありませんか?そう、この人も、初体験の実況Wヘッダーなのです。

今週は、会社や球場、競馬場での行動パターンが全く同じだった坂梨君。

頭は、競走馬とプロレスの技の名前でごった返しています・・・。

明日、午後3時からの競馬BEAT,明日深夜のドラゴンゲートプロレス中継を

どうぞご覧下さい。

ちなみに、明日の北九州記念の競馬実況・・・1200m18頭フルゲートのハンデ戦、

毎年大波乱必至、且つ、実況する上でも、この上ない難関レース、頑張ります!

 

坂梨君いよいよ実況デビュー!!

アナウンスボードに、野球AN!これは、野球中継の実況を意味します。

いよいよ、後輩坂梨君、今日、8月16日、実況デビューを迎えます。

本人曰く、「アナウンサーになったのは、この日のためです…」

動機は、私と同じです!

思えば、私も、デビュー戦は、2002年9月15日、千葉ロッテ戦でした。

最初のHRの実況は、くしくも、火曜日、現役引退を表明した小久保キャプテンでした。

あの時は、9対3で、ホークスが勝利!

果たして今日はどんな展開に・・・。そして、この日のデビュー戦まで必死に準備

して来た、プロ6年目28歳、坂梨公俊アナ、どんなデビュー戦を迎えるのか?

放送は、今日、深夜0時45分からです。ぜひご覧ください!

頑張れ!坂梨!

ロンドンオリンピック 日本柔道家に拍手!!

 もう、7月の話になりますが、かつて、谷亮子、鈴木桂治、井上康生を輩出した高校柔道日本一を決める、金鷲旗の実況がありました。九州の放送は、7月でしたが、全国では、8月に放送される所もあります。解説は、アトランタ銀メダリストの中村三兄弟行成さん、ゲストは、次のオリンピックで、100kg超級メダル候補の七戸龍選手でした。金鷲旗も、選抜体重別も、講道館でも実況している柔道アナとして、

今回のロンドンオリンピック、当然、一番の注目は、日本柔道でした。

ちょっと、今回は、真面目に、長々、柔道への思いを綴りたいと思います。

思えば、男子100kg級穴井選手も、60kg級平岡選手も、女子63kg級上野選手も、78kg級緒方選手も、オリンピック選手を、色々な大会で実況しているが故に、柔道には、本当に強い思い入れがありました。しかし・・・苦しみました。

只・・・世の中の、日本柔道惨敗、金メダル僅か1つという批判の風潮の中、僕は、精一杯、戦った日本柔道家に、先ずは、称賛の拍手を送りたいと思います。金メダルが使命であり、そのハードルは、どの競技よりも、柔道が一番高いでしょう。競技自体を考えれば、メダルラッシュで湧きに湧く競泳とほぼ同数のメダル獲得競技でした。

今回は、柔道競技そのものが、「柔道」ではなく「JUDO」に。つまり、日本の競技ではなく、世界の競技に移り変わった象徴的な大会だった事は事実です。1本を狙わない柔道、しっかり組合わなくても勝つ柔道・・・etc  

原因を上げればきりがありませんが、個人的には、メダリスト達の奮闘を、もっともっと称えるべきだと感じていました。

「思い入れが強かったかもしれませんが、それまでの彼らに課せられた使命は、特にメンタル的に、取材を当時していても痛感しましたが、相当なものなんです!」

メダルを取った選手だけでなく、金メダル絶対の使命の中戦った14人の柔道家に、先ずは、本当に、お疲れ様でしたと、そして、心から拍手を送りたいと思います。

と同時に、2大会連続オリンピック金メダル斉藤仁さんは、こう口にしていました。

「これをしっかりと受け止めるしかない。下を向いていても仕方ない。この経験を生かせるかどうかは、次のオリンピックにかかっている」と。3大会連続金メダリストの野村忠宏さんは、こう話していました。「柔道は、日本の国技、最後の最後に必要となるのは、古いかもしれませんが、金メダルを取りたいという、根性論だと思います」。

同感です!!!指導方法に問題はなかったか?戦い方を変えるべきなのでは?など色々と言われる中で、僕は、その根性論を信じたいと思っています。

さて・・・。リオです。絶対に金を取ってくれるはずです。上の写真にも映っている100kg超級、地元九州電力所属、選抜体重別100kg超級初優勝・七戸龍選手が、必ずや、山下、斉藤、鈴木、井上・・・「日本重量級」の復活を果たしてくれると思っています。頼む、七戸君!ちなみに、ベルギーのお母さんを持つ七戸君は、とてつもなく、強いです。この名前が、1,2年後、そして4年後、日本を席巻する事を信じたいと思います。

そして、我々の夢を、改めて託したいと思います。

 

 

 

 

 

 

カレンダー

2012年8月
« 7月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031