夏の思い出日記

「タマリバ」本番前。

我ながら今日もバッチリ決まっていた。

と、その時!

女性ヘアメイクさんが

甘~い声で、僕にささやいてきた。


「えっ、もしかして、オレのこと・・・ いや、いかん、いかん・・・」

また良からぬオヤジ妄想が始まった。



女性のささやきは、まだ続いた。

優しく鏡を差し出しながら、恥ずかしそうに・・・

「あの・・・ きくさーん! はっ、鼻に・・・」



女性の甘~いささやき。

その差し出した鏡に映ったのは、



シルクのかけらのように

白く美しく

かわいらしい



鼻くそだった。



ドンマイ ドンマイ