「さあ、小倉競馬!」

いよいよあす土曜日、夏の小倉競馬が開幕します。今年は7月に3週、その後8月半ばから9月第1週までの4週、あわせて7週にわたる開催。コロナ禍で小倉は無観客での競馬が続いていましたが、1年半ぶりにファンが見つめる中でのレースです。

※競馬場への入場には事前にインターネットで指定席の予約・購入が必要です

「小倉競馬広報大使」のタレント・稲富菜穂さんもTNCに来社。競馬実況を始めて約30年、毎年この時期は胸躍るとともに、実況への不安も……。最近は後輩たちを見守るのが主ですが。

そんな中で先日、小倉競馬場である番組の収録に参加しました。蛍原徹さんと共にお迎えしたのは、元関西テレビアナウンサーの杉本清さん、元ラジオNIKKEIアナウンサーの白川次郎さん、藤田直樹さん。テレビ・ラジオで長年にわたり競馬実況を担当されたレジェンドアナウンサーの方々です。

今年90周年を迎えた小倉競馬場の思い出を、実況のレジェンドに語っていただきました。この模様は小倉競馬開場90周年記念スペシャルサイトで公開中です。

夏の小倉競馬、TNCでは毎週日曜日・午後3時からの「競馬BEAT」でレースの模様をお伝えするのをはじめ、小倉競馬開催週の週末直前、木曜夜に「ナツコク!ケイバ塾」を放送。さらに8月には競馬の特別番組を2本放送する予定です。

さあ、夏の小倉競馬・ナツコクを一緒に楽しみましょう!

 


「さあ!日本ダービー」

 

いよいよ30日 日曜日は、競馬の祭典「日本ダービー」。2018年生まれのサラブレッド、7,398頭の頂点に立つ馬が決まります。競馬ファンにとってはワクワク、競馬に携わるすべての人たちにとっては、まさに夢の舞台なのです。

と、いうわけで、公式YouTube ももスポチャンネルでお送りしている、「佐藤有里香の競馬!ユメ予想」も今週はスペシャル版!普段は、社内の会議室や打合せスペースでの収録ですが、今回は、なんとスタジオで!

 

スタジオでの仕事なんて、いつ以来だろう…もしかして、豪華なセットがあるのではと期待してスタジオ入りしたものの、長机と緑一色のバック。

まっ、いいか。スタジオでの収録になったのには理由が…

なんと、テレビ西日本制作の「競馬BEAT」で、佐藤アナと一緒に、メイン司会を務めているコージ・トクダさんが、東京からオンラインで参戦!

(写真撮影用に距離をとった上でマスクを外しています)

3人でダービーを大予想!

久しぶりの画面越しでの再会となったのですが、不思議なのは、同じ番組で繋がる3人、打合せは皆無なのに、それぞれの予想が似通っていたこと。その予想はYouTubeで。

果たして今年のダービー、史上25頭目の無敗での二冠制覇か、14年ぶり史上4頭目の牝馬(めす)のダービー馬誕生となるのか、それとも…

「競馬BEAT」も放送時間を拡大して、午後2時40分からの放送です!

 

 

 


「夢の舞台へ!桜花賞」

競馬の世界は、いよいよ春のクラッシック開幕。あす日曜日、阪神競馬場で行われる、第81回桜花賞(GⅠ)。選ばれた2歳牝馬18頭の戦い。その中の1頭「ヨカヨカ」はその名が示す通り『九州出身』。九州産馬として初のクラシック制覇がかかります。

金曜日、そのヨカヨカの故郷、熊本の牧場を訪ねました。出迎えてくれたのは、ヨカヨカの生産者、本田土寿さん(60)。

小倉競馬場で、本田さんの愛馬のレース後に時々お会いしますが、牧場を訪ねるのは、実に二十数年ぶり。20年以上前、競馬中継の実況の傍ら、特集のディレクターを担当していた頃、九州の牧場を紹介する企画で訪れて以来です。

熊本市の郊外にある本田牧場。本田さん手作りのきゅう舎、こじんまりとした放牧地。二十数年前、本田さんは「いつかは熊本からクラシックの舞台へ」と、夢を語ってくれました。

夢を現実にするために、北海道の馬産地へも積極的に足を運んで最新のノウハウを学び、常に研究と実践を重ねてきた本田さん。牧場にほど近い場所が震源だった熊本地震の被害も乗り越え、夢に向けて競走馬の生産を続けてきました。

「ドキドキして毎日眠れないねえ」と話す本田さんの夢を乗せて、注目の一戦、期待の一戦はいよいよ、明日日曜日午後3時40分スタート。レースの模様はテレビ西日本の、「競馬BEAT」で。

公式YouTube ももスポチャンネル 「佐藤有里香の競馬!ユメ予想」もぜひ!


「いよいよ開幕!夏の小倉競馬」

 

青い空に、緑のターフ!いよいよ今週末、夏の小倉競馬が開幕します。

新型コロナウイルスの影響で、この夏の小倉は「無観客」での開催。折角の夏競馬をライブで楽しめず残念!というファンの皆さん、【今年は、テレビ de ナツケイバ!】を楽しみましょう!

TNCでは、日曜午後3時の「競馬BEAT」はもちろん、競馬関連の特別番組も盛りだくさん!開催が始まる前の先日、この夏の競馬の魅力を伝えるべく、小倉競馬場へお邪魔してきました。

小倉競馬場バージョンの、ご当地ターフィーに出迎えてもらい…

馬の気持ちを知りたい!と、オジサンこの格好!気合は十分。が、結末は…

今年も素晴らしい馬場状態であることを体感!

この夏のTNCは競馬の番組盛りだくさん!

13日(木)と20日(木) 午後9時54分からは「テレビ de ナツケイバ」

15日(土)午後5時からは「競馬BEAT増刊号」

22日(土)午後5時からは、北九州市出身のダービージョッキー・浜中俊騎手の活躍を追いかけた「夢を乗せ馳せる ~浜中俊騎手 通算1000勝への軌跡~」

そして、毎週日曜午後3時は「競馬BEAT」。私も後半2週、1年ぶりに双眼鏡を手に実況席に座ります。

どうぞ皆さん、よい夏を!


「22年ぶりの、うどん」

2月のある日。「ロックに。自由に。TNC」のロケで、うどん屋さんへ。

福岡市早良区の「大助うどん」。

川崎のお気に入りのうどん屋さんを紹介して欲しい、といディレクターのオーダーで思い出したのがこのお店。とはいえ店に入るまで不安な思いが。

実はお店に伺うのは、なんと22年ぶり。22年前「また来ます!」の一声を残したまま…店の扉を勇気を出して開けたと途端に、優しく迎えてくれたのがこちらのご主人、田本和敏さん。「久しぶりだねえ!」のご主人の言葉に救われた!

前回、伺ったのは1998年11月。当時「めざましテレビ」6時台の中継、「これぞ名店!一見さんいらっしゃい」のコーナー。アツアツの麺をフーフーいいながら食べるのがおいしい季節ということで、大助うどんの名物メニュー「どんちゃん」を紹介。

「どん」…やわらかめのう『どん』麺。

「ちゃん」…キャベツに人参、もやし、小エビにあさり、すなわち『ちゃん』ぽんの具

これに、うるめや昆布、鯖で出汁をとった、コクのある澄んだスープ。うどん麺にも野菜の甘みが染み通ったヘルシーな逸品。22年前の話をしながら、変わらぬ味を堪能。スープまでしっかり飲み干しました。

当時49歳だったご主人も今や70代。病を乗り越え、変わらぬ味で今や人気店。人がやらないことをやるのがポリシーというご主人。自ら作り出したメニューを今も守り続けています。機会があれば皆さまも是非!

さてさて、うどんと言えば…

「ニッポンわが町 うどんMAP2」いよいよ23日日曜日、午後4時5分から、全国28局ネットで放送です!


Pages: 1 2 3 4 Next