も、もしかして、ぼくのこと・・・

「タマリバ」本番前のメイク中、

スタイリストの女性・K玉さんが、僕に何か言いたそうにしている。

これが!勇気を出して、男子に初めての・・・的な。

しかも、赤面して、照れくさそう。

ひょっとして、ラ、ラブか?

大人の男として乙女の気持ちが分かるような気がしたというか、なんというか・・・

そんなこともあるさ、女性だもんね。

大丈夫、いつでも飛びこんでこい!

良からぬオヤジ思考が脳裏をよぎった、その時!

彼女は勇気を出して一歩を踏み出した。

いけないドラマの始まりか…

彼女は視線を落として、照れくさそうに口を開いた。

 

K玉 「あのー山口さん、ずっと前から言おうと思っていたんですが・・・」

山口 「(心の中で)おっ、きたきたー!」

K玉 「あのー・・・右足の靴下に、穴が・・・ しかも電線してますぅー・・・」




んなわけ、ないわな。

おっちゃん、いい夢、見させてもらった!

ドンマイ、ドンマイ。

はじめての

ヘリコプター実況。

土曜ニュースファイルCUBEでヘリ中継を担当させていただきました。

空中散歩の感動に酔い、揺れに酔い、

バースデープレゼントに「よい仕事」をいただきました。

役得です。

どんたく

福岡に来て初めて、家族で「博多どんたく港まつり」に行った。

一家で自転車をこいで行った。

しかし、パレードを見る前に、

おいしそうな出店の誘惑に負け、衝動に駆られ、一人で駆け出してしまった。

私が。

フライドポテトの店に走ったその時、

家族が消えた。

はぐれてしまった。

なんと、

初のどんたくで、まさかの「父ちゃん、迷子!」

よりによって妻は携帯を不携帯。


結局、約50分、ポテトの店の前で待ちつづけた。

黒山の人だかり。

さすがに「迷子のお知らせ」をして欲しいと思った。

「福岡市の山口喜久一郎ちゃんが、迷子となっております。こんな年で。」と。

50分後、

家族が戻ってきた。

「あー楽しかったわ~。父さん、なにしとったん? おらんから、もう、先に帰ろうと思ってたんや・・・」



もう、ひとりで、かってに、おみせに、はしって、いきません。

子どもの前で誓う「父」がいた・・・

タマリバ

今日のタマリバは、
水曜レギュラーの清水ミチコさんとゲスト・水谷千重子さんが生出演。

水谷さんとは、タレント友近さんが演歌歌手になりすました設定の人物で、
「水谷千重子 芸能生活40周年記念リサイタルツアー」が
5月26日(土)、福岡国際会議場で行われます。
東京と名古屋公演のチケットは即完売という人気ぶり。

清水さんと水谷先生の軽妙なトークで
スタジオは爆笑の渦!

段取りや予定を崩して楽しむ生の展開、面白さ、
それがタマリバには潜んでいます。

うわっ、テレビで見るのと同じやん!!
気つけば、ミーハーの島っ子になっておりました。

「す、すみません、一緒に写真を撮っていただいても宜しいですか?」
そのお願いをするのが今日の目標だったのですが、
ドキが胸胸してできませんでした。

小さい男です・・・はい。

山口喜久一郎です

みなさま、はじめまして。

瀬戸内海の島「小豆島」出身の
山口喜久一郎です。

「きくちゃんの小豆なお話」
どうぞよろしくお願いします。

この4月から
視聴者参加型情報ライブ「タマリバ」
月曜~金曜、午後2時58分~午後4時までの新番組と、
夕方・TNCスーパーニュースのスポーツコーナーを
担当させていただいております。

九州の友人から
「タマリベ」の写真広告が地下鉄博多駅をジャックしてるぞ!と
タマリ「バ」なのに、タマリ「べ」と言われたり、



街で会った視聴者に
「TNC新人アナです」と自己紹介したところ、
「しっ、新人? なんか、年、くってません?・・・」と言われ、
会話に妙な間ができてしまったり、

手相芸人・島田秀平さんには、
生放送でのソウルナンバー占いで、
あなたは八方美人、飽きっぽく、落ち着きがなく、
人に何でも喋りたがる・・・と
小生の四大「長所」をずばり当てていただいたり、

TNCプロ野球解説者の池田親興さんには、
ドームでのホークス取材で、
舞い上がって落ち着きがない子どものよう、と
嬉しいお褒めの言葉をいただいたり・・・

はい、こんなヤツですが、
ひとつ、宜しくお願い申し上げます。



アビスパ福岡戦ハーフタイム、「タマリバ」3人でピッチに潜入!
神出鬼没、朝から晩までどこでも出没します!

1 72 73 74 75 76 77