52ヘルツのクジラたち。

 

暑くなってきましたね!
GWは娘の昼寝中に町田そのこさんの
「52ヘルツのクジラたち」を読み進めました。

九州在住の作家の本屋大賞は初めてとのことで、
帯も「ノミネート」だった頃に書店に走りました。

他のクジラとは周波数が違うために
世界で一番孤独だと言われている
52ヘルツのクジラを想起して描かれた小説です。

すごく寂しさに包まれていますが
町田さんのぬくもりを感じられる
まるで深海の広さを思わせる作品です。

 

続きが気になりますが、明日の夜までお預けです…♪