博多座な1日。

image

今回は、鈴懸に立ち寄ってからの観劇です。
夏の締めくくりにパフェをいただきました。

人気のミュージカル「エリザベート」。
時は19世紀末のウィーン、
ハプスブルグ帝国最後の皇后エリザベートの生涯を描いた作品で、
世界中で演じられています。博多座に帰ってきたのは4年ぶりです。

話がドラマチックであるのはもちろんですが、
観客を魅了する歌声、美貌、色気が突き抜けていて…♡
余韻をたっぷり残しながら幕が下りました。
「まだ続きが見たい」という思いに駆られたのは
私だけではなかったのでしょう、
会場を出たらキャストの方々が出てこられるのをお見送りしようという
ファンの方が数百人も待っていらっしゃいました!

異世界を見せてくれた「エリザベート」に大満足な休日でした^ ^