推し、燃ゆ

 

デビュー作の「かか」で
三島由紀夫賞を最年少受賞したのに続く快挙!

第164回芥川賞に輝いた
21歳現役大学生の宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」を
土日だけであっという間に読破してしまいました。

2作目となる今作は、
アイドルを推すことに人生を懸ける女子高生と
炎上する“推し”のメンバーを描いた物語です。

SNSなどを通じた新しい人間関係、

生きがいの多様性、外からは見えにくい心の叫び、

複雑な心理が瑞々しく描かれていました。

言葉の選び方は斬新ですが、
とても読みやすくページをめくる手が止まりません。

芥川賞を身近に感じられる一冊です。