♥ラブりん♥

raburinn

今年も六月博多座大歌舞伎を見に行きました(o^^o)
今回は、私のミーハー心に最も火をつけられた観劇になりました!!

夜の部【恩讐の彼方に】で、
大分県の耶馬溪に残る「青の洞門」の由来期を元にした美談にしんみり聴き入り、
【船弁慶】では、市川染五郎さんの1人2役で魅せる
静御前のしとやかな舞、亡霊の踊り狂う様の踊り分けに舞踊の美しさを感じ、
時々くすりと笑いながら、今回も楽しいなぁと満足していたら!

最後の【鯉つかみ】が私のツボでした♥
初めて拝見した「ラブりん」こと片岡愛之助さんの美男っぷりに惚れ惚れしました。
登場シーンは、まさかのフライング!
空中をふわりふわりと駆け上がり、3階の観客の目の前まで向かいます。
お姫様は、愛之助さん演じる小姓(武家の職名)へ恋焦がれる舞をしおらしく、
小姓は、涼しい顔で曖昧な態度を取りながらも相手をする色っぽさ!を現します。
絵になるなぁ…と、心を奪われるほどの楽しさでした。
その後の早着替えも、お茶目な表情も、勇ましい動きも、素敵でした!
また愛之助さんの舞台に行きたいな…つまりファンになりました。

アナウンサーとして、発声、所作のゆったりキレのある様も
しかと勉強いたしましたが、今回は、一人の女性としての感想にとどめておきます。
こういう歌舞伎の楽しみ方もあるのですね♥

というブログを書いていたら~「ももち浜ストア」に愛之助さんが!
においたつ色気を出すために「普段を大切にしている」とおっしゃっていました。
私も、普段から、ゆったりと余裕のある所作を心がけたいものです。

そんな先週末、私も27歳になりました★☆
たくさんのお祝いを力に変えて、ますます頑張ります。