♥ラブりん♥

raburinn

今年も六月博多座大歌舞伎を見に行きました(o^^o)
今回は、私のミーハー心に最も火をつけられた観劇になりました!!

夜の部【恩讐の彼方に】で、
大分県の耶馬溪に残る「青の洞門」の由来期を元にした美談にしんみり聴き入り、
【船弁慶】では、市川染五郎さんの1人2役で魅せる
静御前のしとやかな舞、亡霊の踊り狂う様の踊り分けに舞踊の美しさを感じ、
時々くすりと笑いながら、今回も楽しいなぁと満足していたら!

最後の【鯉つかみ】が私のツボでした♥
初めて拝見した「ラブりん」こと片岡愛之助さんの美男っぷりに惚れ惚れしました。
登場シーンは、まさかのフライング!
空中をふわりふわりと駆け上がり、3階の観客の目の前まで向かいます。
お姫様は、愛之助さん演じる小姓(武家の職名)へ恋焦がれる舞をしおらしく、
小姓は、涼しい顔で曖昧な態度を取りながらも相手をする色っぽさ!を現します。
絵になるなぁ…と、心を奪われるほどの楽しさでした。
その後の早着替えも、お茶目な表情も、勇ましい動きも、素敵でした!
また愛之助さんの舞台に行きたいな…つまりファンになりました。

アナウンサーとして、発声、所作のゆったりキレのある様も
しかと勉強いたしましたが、今回は、一人の女性としての感想にとどめておきます。
こういう歌舞伎の楽しみ方もあるのですね♥

というブログを書いていたら~「ももち浜ストア」に愛之助さんが!
においたつ色気を出すために「普段を大切にしている」とおっしゃっていました。
私も、普段から、ゆったりと余裕のある所作を心がけたいものです。

そんな先週末、私も27歳になりました★☆
たくさんのお祝いを力に変えて、ますます頑張ります。

失恋ショコラティエ旅<2>

choco

こちらがお土産に買ったボンボンショコラです!!
イメージ通りのキレイな美味しさに心満たされました♪

choko2

そして、そして!!
ドラマで松本潤さん演じるショコラティエが働いていたお店がココです!!
(本来は雑貨店で、可愛くてカラフルな小物がありました)

ここであのシーンが撮られていたのね。。。と
回想しながらうっとりしてしまいました。
撮影時のエピソードが知りたくて
お店の方などに聞き込み取材もしました笑。

こんな話を友人数人に自慢したところ、
「恐るべし」、
「知加子って好きになるとそうだよね」という反応をされました。

つまり、相当に好きなわけで、
つまり、普段は冷静な性格です。

普段のモードで今日もスーパーニュースを
丁寧に落ち着いてお伝えします★☆

<完>

失恋ショコラティエ旅〈1〉

 pou

昨日は日本語について少し熱めに語りました。
その翌日にこんな話題だと落差が大きく感じられるかもしれませんが。。。

土曜日に仕事を頑張った後は、
東京での日曜日を楽しんできましたのでご紹介します!!

このブログをよく読んでくださっている方はご存知と思いますが、
私は嵐の松本潤さんの大ファンでして、
もちろん前クールの月9ドラマ「失恋ショコラティエ」を熱心に見ていました。

・・・ということで、
日曜日は「失恋ショコラティエ」コースを観光することに!笑
意、意外ですか??汗

さて本題です。
この写真は、ドラマの中では人気ショコラトリー
「FELICITE」として登場したお店で、
「pourjours」という名前で表参道に実在しています。

ボンボンショコラをお土産に、
この日は暑かったので店内でアイスをいただきました。

嬉しくて顔がニヤけています。。。

pou2

<つづく>

週末のお仕事。

 daiba

土曜日は、フジテレビでの用語の会議に出席してきました☆

全国のフジ系列の局で使う言葉の統一を図り、
分かりやすく、美しい日本語でニュースをお伝えするためです。

言葉は生き物と表現されるように、
時代とともに変化していくものです。
その流れを理解し、本来のあり方を守りながら結論を導き出し、
系列として育て浸透させていくという大切な役目を担っているので、
非常に慎重な話し合いになります。

○采配を振る ×采配を振るう
○足をすくう  ×足元をすくう
などの誤用を防ぐための言葉の防波堤になったり、

私たちの頃には「リアス式海岸」と習っていた言葉が
今の教科書では「リアス海岸」とされていることを踏まえ、
放送ではどちらを使うのが望ましいのかと情報を持ち寄ったり、、、

今回は42項目について議論を交わしました!汗

すぐに結論が出るものもあれば、
各社に持ち帰り総合的に判断しましょうと
次回の会議までの宿題になるものもあります。

地道な会議ですが、
日本語に真摯に向き合うことは、
アナウンサーの務めであると同時に楽しみでもあります^ ^