【軍艦島】

gunkanzima

スーパーニュースでも触れた世界遺産のニュース。
実際に行ってみたいと思い、少し前のことですが、
大人の社会科見学と題して出かけてきました。

2015年の世界文化遺産登録を目指し、
国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦されることが決まった
「明治日本の産業革命遺産九州・山口と関連地域」。

28件の資産から構成され、
岩手から鹿児島まで8県に及びます。
急速な近代化を実現した日本の軌跡を証言する遺産群。

これから、
日本の産業革命を支えた数多くの構成資産が
ひとつの緊密な物語にまとめられていくのでしょう。

長崎市の端島(軍艦島)の保全方法も議論されていくことと思います。
参加したツアーでも、「いつ建物が崩れるか分かりません。
今のうちに目に焼き付けておいてくださいね」なんていうアナウンスもありました。

私も、日本の歴史を語る軍艦島の空気を感じた者の1人として、
この価値が保存されていくよう見守っていきたいです。

そして、日本の産業を興した1人、
石油を武器に変えて世界と闘った、出光興産の創業者・出光佐三を
モデルにした本「海賊と呼ばれた男」を読み始めました。
まだ序盤ですが、
読み終えるのに体力が要りそうなくらい読み応えがありあそうです!!