戦争画。

 dokyumento

久しぶりにナレーションを担当させていただきました。
田久保アナの心地よい朗読パートを挟みながら。。。
プレッシャーでしたが、一生懸命息を吹き込みました!
ドキュメント九州、今回のテーマは「戦争画」です。

「永遠のゼロ」を読み、
戦争への理解を深めたい気持ちがくすぶる中、
戦争画を通じて後世に現実を伝えようとした画家の人生に迫る
この作品は、また新たな戦争の側面を教えてくれました。
そもそも、戦争画の定義を、私は今回初めて理解しました。

30分の番組ですが、
ディレクターと話しながら読み合わせをして、
うまく表現できない時には、田久保部長がアドバイスをくださり、
チーム全員が頷くまで読み込むこと約3時間・・・。
すみません、時間がかかりました汗。

とても伝えたい歴史だからこそ、難しくて、
読み終えた時には疲労感でぐったりしてしまいましたが、
とても充実した時間でした。
この作品に携わることができて嬉しかったです。

照れ屋のプロデューサー以外のメンバーで
ようやくナレ録りを終えた後の安堵した表情を記念におさめました。
(私の顔が疲れているように見えるのは・・・、力を出し切った直後だからです)

今度の日曜日、18日午前6時半からの「ドキュメント九州」。
多くの人の心に届きますように・・・♪
戦時中を生きた方々に思いを馳せながら、
私も、もう1度、味わおうと思います。