☆アナウンス大賞☆

先週、アナウンス大賞の表彰式に参加させていただきました。



フジテレビ系列で働くアナウンサーが、
毎年、1年を振り返って「これは!」と思う作品を提出し、
偉大な諸先輩方に選考していただけます☆☆

私は入社3年目までが挑戦できる新人部門で奨励賞をいただきました。
坂梨アナはスポーツ部門、新垣アナは番組部門です。
(アナウンス大賞は、ナレーション部門とあわせ4部門あります)

とても難しく強化したいと思っているナレーションでの受賞に、
少しホッとした心地がしました・・・♪
日々の仕事だけでも充実感はありますが、
それを評価していただき、さらに表彰までしていただくと、
この調子で頑張って!と背中を押してもらえたような気がして、
頑張ってよかった!!と素直に思えました。
研修会などでとってもお世話になっている東海テレビの高井さんからも
「おめでとう!」と声をかけていただきました♪

嬉しいようで、でも、、、
身に余る賞だな、、、
こんな賞を受けられるほどの仕事を本当にできているのかな?
と思ってしまう自分もいました。
賞にふさわしいアナウンサーになりなさいという
激励のメッセージも感じられます。

アナウンス大賞(最も優秀な賞)を受賞された
関西テレビの岡安アナのスピーチを聞いて、よりそう思いました。
技術だけでなく、様々な経験を積んで考えてきたからこそ
出てくる言葉と表情が輝いていて、
こういう方が受賞されるのだなと感じました★★

自然に出てくる言葉が輝くように、
今、私はしっかり将来の自分を見据えた準備をしよう!!
そんなことを後輩に教えてくださる力のあるスピーチでした☆

<つづく>