木地さん(^ ^)

 

桜の季節まで1月足らず。
報道部も、旅立ちの季節です。

スーパーニュースで気象情報を
3年2か月にわたり伝えてくださった
木地さんが2月末をもって卒業されました。

一緒に頑張りましょうね!と
やさしく声をかけてくださる木地さんが好きでした。

毎週月曜日、気象情報のコーナーの打ち合わせをしながら、
「舞鶴公園の梅がきれいですよ」
「うぐいすの初鳴きって、耳で観測するのですよ」など、
気象にまつわるお話をするのが楽しみでした♪

そんな木地さん、
地元である富山に帰って、
また気象予報士として活躍されるそうです。
「福岡が好きで、すごく悩んだけど、
北陸の気象にも興味があるの」と
決断に至った思いを涙ながらに話してくださいました。

寂しいけれど、木地さんが伝えてくださった
気象への温かい思いを、引き継いでいきたいです。

木地さん、本当にありがとうございました。