週末は…

週末は、風は少し冷たかったものの、きれいな青空でしたね。

小倉競馬場も、早春の明るい日差しが降り注いでいました。

気がつけば、競馬中継の仕事も、もう20年以上。
中継スタッフの中には、私が競馬を担当し始めたころ生まれたという若手もいて、時の流れを感じます。

きのうの「競馬BEAT」では坂梨アナウンサーが、初めての牧場取材、あのディープイ
ンパクトを紹介していましたが、私の初取材は、確かオグリキャップの生産牧場でした。
またまた、時の流れを感じます。

……写真は、実況席の坂梨アナウンサー。
この冬から、「競馬BEAT」のキャスターとしても活躍しています。

冬の小倉開催もあと1週。きのうの小倉では、去年の秋華賞の3着馬、アロマティコが力
の違いを見せてくれました。阪神競馬場の阪急杯で、圧倒的な強さをみせたロードカナロアのデビューは、そういえば冬の小倉(2010年暮れ)でした。

「昔は競馬場によく行ったけど……」「最近、馬券買わないねえ…」などとおっしゃる皆さん、今度の週末は、春の風が感じられる小倉競馬場へ足を運んでみませんか。
競馬の世界も「チューリップ賞」「弥生賞」と、春のクラシックの足音が聞こえる季節です。
でも、日曜午後3時の「競馬BEAT」はお忘れなく。

競馬実況……このブログのタイトル『本番5秒前』を一番強く感じる瞬間です。
(詳しくはブログ初回へ)


「味覚の秋。そして、スポーツの秋」

先日、ある番組の収録現場の控え室で、差し入れの相伴にあずかりました。

秋の味覚、無花果です。久しぶりにいただきました。
口の中に広がる天然の甘さと、独特
の食感に秋を感じました。味覚の秋です。

無花果をはじめて食べるという新人の松尾アナウンサーは、皮をむくのに苦労していましたが、細いほうの端から皮をむいていくと、きれいにはがれます!
子供の頃の記憶がよみがえりました。

さて、そんな控え室の扉を開けると……

スポーツの秋!

今年で38回目を迎えた、「シャボン玉カップ 九州ママさんバレーボール」福岡県大会。
福岡県内各地の予選を勝ち抜いたチームが、11月優勝大会の福岡県代表の座を争いました。

若手アナウンサーと呼ばれた頃、実況を担当した大会、今回は制作スタッフとして携わりました。

家事や育児をこなしながらバレーボールに打ち込む選手の活躍ぶりはもちろん、笑いあり涙ありの番組。見ると元気になる番組です。
17日の祝日、午前10時35分から。是非ごらん下さい。


「きょうの本番」

こんにちは。前回の久々のブログ。
新垣アナウンサーにも心配をかけていたようで……
ブログは「苦心より更新」。

さて、きのうの「競馬beat」実況担当に続き、きょうも『本番』。
久しぶりにお昼のニュース「スピーク」の担当。
そして午後からは、以前ここでも紹介した
長崎街道  シュガーロードをゆく」のナレーション入れ。

録音スタジオの光景です。

『本番』を仕切るディレクターです。

去年秋からナレーターを担当していますが、
『本番』のたびに自分のアナウンス技量を見つめなおしています。

長崎街道を東に進みながら、街道沿いに生まれた銘菓紹介してきた番組、
今週からいよいよ北九州市に入ります。

春近し、を思わせる今日の陽気のように、ほっとできる番組です。
ぜひご覧ください。

放送は、テレ西では毎週火曜日 午後10時54分から。
テレビ長崎、サガテレビでは、毎週木曜日の午後10時54分からです。

えっ、毎週見てる?ありがとうございます!そろそろ行かなくっちゃ…では失礼。


「これも本番の準備です」

色鉛筆で塗り絵をしています。会社で……

だからといって、遊んでいるわけではありません。
これも、本番に向けての準備です。仕事です。

今度の日曜は小倉競馬場で競馬実況。レースが騎手が着る「勝負服」と呼ばれる服のい色をぬっているのです。実況アナウンサーは双眼鏡で、或いは手元のモニターで「勝負服」の色を確認しながら実況に臨んでいるというわけです。

今週は阪神競馬場で2歳女王を決める、阪神ジュべナイルフィリーズ。今年の2歳牝馬はレベルが高そうで見逃せない一戦。小倉の実況席からしっかり見つめます。

競馬beat」は日曜午後3時からの放送です!

えっ塗り絵が途中?そろそろ行かなくっちゃ…では失礼。


「本番で確認してみてください」

大分、東京、仙台、神戸、軽井沢、そして再び仙台…

先月から今月にかけての私の出張先です。結構お世話になったのがこちら。

新幹線です。「えっ?」と思われた方もいらっしゃるでしょうが、(私もその一人)新幹線です。仙台出張で乗った列車で、どちらかが東北新幹線・八戸行きの「はやて」、そしてもう一方が秋田新幹線に直通する「こまち」です。
普段乗る新幹線といえば、「のぞみ」「ひかり」「こだま」ですが、この秋は、「はやて」「こまち」に加え、「やまびこ」「あさま」といろいろ乗りました…

そんな新幹線の列車の名称に、来年3月12日新しく加わるのが「みずほ」と「さくら」
九州新幹線と山陽新幹線の直通列車の名称です。博多と鹿児島中央の間が最速1時間20分。さらに博多駅の新駅ビル開業も……九州に住む私たちにとっては例年以上に春が待ち遠しくなりそうですよね。

さて、何か新しいものが誕生し、聞き慣れない言葉が使われだすと、我々アナウンサーは頭を悩ませます。言葉のアクセント、どの部分を高く発音するかです。つまり…
くら』か『さくら』か、あるいは『ずほ』か『みずほ』か。(字の大きい部分を高く、小さい部分を低く発音してみてください)

列車の名称は、通常、普通名詞のアクセントで読むことを原則としているので、「桜」「瑞穂」の共通語アクセント通り、『さくら』『みずほ』で読むことを、テレ西のアナウンサーの間でも確認しています。

これから、かなりの頻度でニュース原稿にもでてくる「さくら」と「みずほ」。興味のある方は、本番のアナウンサーの読みを確認してみてください。

……長くなりましたが、最後に「テレ西アナウンサー朗読の時間」たくさんのご応募あ
りがとうございました。当選された皆様、ぜひ会場でお会いしましょう。

えっ、練習してください?そろそろいかなくっちゃ…では失礼。


Pages: Prev 1 2 3 Next