あすからは!

あすから4月。

小生の一日も大きく変わります。

まず「タマリバ」

放送時間が午後3時50分スタートに変わり、

スタジオ、企画コーナーもリニューアルします。

我々もワクワクしております…

どうぞ、お楽しみに!

そして、タマリバの後、ドラマを挟んで

夕方の「スーパーニュース」

僭越ながらキャスターを務めさせていただきます。

岸本貴博キャスターのバトンをしっかり受け継ぎ、

視聴者の皆様と誠実に向き合って

お伝えしてまいります。



スーパーニュース、スポーツコーナーは

坂梨公俊アナウンサーに変わって松尾幸一郎アナウンサーが担当します。

自分自身、大きな挑戦となりますが、

誠実に、がむしゃらに

大胆に、繊細に

頑張ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

公開生放送

あす29日(金)

「テレビ西日本開局55周年記念

 テレ西 春の大感謝祭

 ~今年は55テレ西だよスペシャル~」 

と題した公開生放送が天神中央公園で行われます。

第一部は、午前9時54分からの約1時間半。

第二部は、午後2時58分からの約2時間。

合わせて3時間半のスペシャル番組を

ビビる大木さんやLiLiCoさん、植村花菜さん、HKT48などをお招きして

お送りします。

会場では「全国うまかもん市」が開かれていて、

全国の有名店 約80店の旨いものが堪能できます。

ちょうど天神中央公園には桜も咲いています。

旨いものを食べながらのお花見に!ぜひ、お越し下さい。

または、指をくわえて、テレビをご覧ください!

ホワイトデー

2月14日の皆々様からの人道支援に対し、

3月14日、本日、

可能な限り、形に表しての御礼をさせていただきました。

 

すると

またまた皆々様から温かいお言葉、リアクションを賜りました。

ある女性は、

「キクさんのお返し、かわいらしい~…」と

「小さっ!」ということを「かわいらしい」という温かい表現に変えて

接してくださいました。

 

また、ある女性は

小生の御礼の品を食べた直後、

「あっ、銀歯が取れた!」と、ポロリと外れた輝く破片を見せてくださり、

まるで宝飾品を見ているかのような気分にさせてくださいました。

 

さらに、その周りにいた数人の女性スタッフは

「あっ、きくさんのチョコで、銀歯が外れたー!あーあ…」と

一斉に私を見つめ、

温かさを超えた、冷や汗が出るほどの熱い視線を浴びせてくださいました。

 

厚く御礼申し上げます。

結果報告

前回のブログで綴った「西鉄・レールあんどハイク」

お陰様で大勢の皆さまと柳川散策を楽しめました。

今回、皆さまに参加を呼び掛けたのには、訳がありまして…

プレッシャーをかけられておりました。はい。

前回、大宰府で行われたレールあんどハイクには、

あの出口麻綾アナウンサーが参加したということもあり

1000人以上が集まったのであります。

しかも、8回行われた今年度のハイクで最多の参加者ですよ、最多!

恐るべしマーヤ!

で、

次がボクですよ、ボク。 分かります?この気持ち。

どう考えても、滝のような落差ですよ~

 

で、当日。

スタート地点に着きましたら、



最後尾が見えないほどの人!

結果は、

出口アナを上回る2千人

には届かない

701人のご参加を賜りました。

今年度、2番目の多さでした。

四捨五入すると1000人。

今季最多に並んだといっても過言では

あります。はい。

皆さま、ありがとうございました。



なお、今回、小生と「てれビー」の写真撮影会におきまして、

「写真撮ってくださ~い!」とお願いされ、

「いいですよ」とお受けしてポーズをとろうとしたら

「ここ、押すだけでーす」とカメラを渡された、という

「なんや、オレが撮るんかい」的 勘違い事案が

1件、発生しております。

レールあんどハイク

あす3月2日(土)

西鉄電車「レールあんどハイク」という

ウォーキング・散策イベントに参加し、

柳川の街を皆さんと一緒に歩きます。

 

昨年10月に参加した時には

TNCアナウンサーの山口です、と皆様の前で自己紹介したのに、

女子アナのマネージャーっぽく思われたり、

イベントの誘導係と間違われたり、

おたく、どちら様?と聞かれたり・・・

  

あれから4か月半。

さ~、どうなることやら。

参加無料、当日参加OK、気軽にお越しください!

集合は、2日(土)午前9時30分

「柳川駅」 三柱神社です。

 

山口喜久一郎アナとの写真撮影会もあるよ。

なお、依頼なき場合は、サクラとして

当方より一方的に撮らせていただく場合がございます。

その際、「山口さ~ん、一緒に撮ってくださ~い!」と

一言、セリフをお願いすることもございます。あしらからず。