ごあいさつ

前回のブログでお伝えした

民放5局のアナウンサーによる「明日TV(アステレ)」収録。

そこで、小生、初めて、

各局の看板アナウンサーの皆様と

ご挨拶させていただきました。

そのワンシーンを。



「どーもどーも、初めまして。TNCの山口喜久一郎と申します・・・」

「いやいや、こちらこそ、どーもどーも、初めまして!」

全員が、下から下から・・・

しまいには土下座でのご挨拶と相成りました。

終始こんな感じで爆笑の連続。

なんて息があっているんでしょう~



「真ん中の人、だれ? なんでこんなところに おるとー?」

はい、分かっています。小生が一番、言いたいっす・・・

あるまじき光景・・・?

ぼくは、見てしまった。

おとなの、いけないものを・・・

テレビ西日本の「ももち浜ストア」のスタジオで

ライバル番組、九州朝日放送「アサデス。」の宮本 啓丞アナが写真を撮っていた。

見てはいけないものを見てしまった・・・

と思ったら、

写真を撮っているのは、RKB毎日放送の田畑 竜介アナ。

こ、これ、マズイっしょ!

と思ったら、

その姿をTVQ九州放送の立花 麻理アナが激写してるー!

うわっ、その横で、福岡放送の伊藤 舞アナが、収録してるしー!

これ、テレビ局のタブーですよ、タブー。

まっ、まさか、移籍騒動?

その危ない?一部始終を、テレビ西日本の山口 喜久一郎がしっかり激写。

はい、このたび、

民放5局のライバルたちが

タブーをやぶっちゃいました。

手を組んじゃいました。

もっとテレビを楽しんでもらうために

新しいテレビ局、番組をつくっちゃいました。

「明日のTV」を。

9月初旬から民放5局、全チャンネルで放送開始です。

連続パンク事件

では、先ほど入ったニュースをお伝えします。

福岡市内のマンションで

今月に入って連続自転車パンク事件が発生し、

きのう、犯人とみられる男が

住人によって取り押さえられました。

事件が起きたのは、

福岡市内に住む男性Yアナウンサーの

自宅の玄関先で、

今月13日以降、

幼児用自転車の前輪タイヤが

何者かによってパンクさせられる被害が

相次いでいました。

不審に思った住人が警戒していたところ、

きのう夕方、玄関先で物音がするのに

妻が気づき、ドアを開けたところ、

先の尖った工具を持った男があたふたしており、

その場で取り押さえたということです。

男は、この家に住む幼児とみられ、

調べに対し、

「大きなカッコイイ自転車を買って欲しくて、パンクさせた」と

一部容疑を認めるニュアンスの供述を始めているということです。

今回の一連のパンク事件に関しては、

以前から男が

自転車店を通るたびに大きな自転車欲しさにダダをこねていたことや、

「なんか知らんけど、自転車の空気が、プスーッって勝手に抜けるんよー・・・」と

母親に白々しいアピールを続けていたことも判明しており、

余罪についても慎重に調べを進めています。

これ受け、幼児の父親は、

「このような事態をまねいたことは痛恨の極みであり、責任を感じております。
ここで自転車を買ってやると子どもの思うツボなので、絶対に買わん!
でも、実は!私も幼児の頃、同様のことをした経験があり、
やっぱりアホな親子ですな~・・・」

とコメントし、

父親も過去の罪について自供をはじめたということです。

以上、この時間のニュースをお伝えしました。

夏の思い出日記 2

待ちに待った家族での夏のレジャー。

車に荷物を積み込み、いざ、しゅっぱーつ!

と、ハッピーな瞬間を迎えた

その時!

悲劇が襲った。

子どもの喧嘩が始まった。

「ガム」をめぐる戦いだ。

ガムを頭につけられたとの因縁から

ガムの「頭へのなすり付け合い」という

父も経験してきた「兄弟喧嘩の原風景」へと発展した。

とどめを刺された末っ子の頭頂部は

ガムでべったり。

「こるぁ~!!お前るぁー!」

ドライブを中断し、ガム除去作戦が始まった。

いい加減な知識と勘を頼りに

ガムを氷で冷やして固めるなどしたが、

根本からべったりとついていて全く取れる気配はない。

しかたなく父ちゃん、最後の手段に出た。

バリカンで坊主だ。

まず周りから刈り上げていった。

しかし、

最後のべったりガムの部分を刈ろうとしたが、

バリカンの刃にねっとりまとわりつき断念・・・

結果、

息子の頭は、芸術作品に。

頭頂部がとんがった

SAGA佐賀・・・の、はなわ状態!

「うっひゃっひゃっ・・・ おもろいっ!」

いつの間にか、父ちゃんも本人も家族一同、大爆笑!

まさかの、記念撮影と相成った。

結局、助けを求めて、美容院へ。

他のお客様からも注目の的。

では、どうやってとったか!

サラダ油を塗ると、ガムが溶けて

櫛を通すと簡単にとれたのである。

美容師さん、お見事!

事件も一件落着。

その後。

 

「お前、頭、まだグレープのえー匂いするぞー!」

「おもろい、頭やったな~」

「ウルトラマンの頭みたいやったぞ~」
  
 
被害者もなぜか照れ笑い、

いつの間にか我が家のヒーローになっていた。

こうして山口家のDNAは、代々受け継がれていく・・・

夏の思い出日記

「タマリバ」本番前。

我ながら今日もバッチリ決まっていた。

と、その時!

女性ヘアメイクさんが

甘~い声で、僕にささやいてきた。


「えっ、もしかして、オレのこと・・・ いや、いかん、いかん・・・」

また良からぬオヤジ妄想が始まった。



女性のささやきは、まだ続いた。

優しく鏡を差し出しながら、恥ずかしそうに・・・

「あの・・・ きくさーん! はっ、鼻に・・・」



女性の甘~いささやき。

その差し出した鏡に映ったのは、



シルクのかけらのように

白く美しく

かわいらしい



鼻くそだった。



ドンマイ ドンマイ