プロフィール

最新エントリー

アーカイブ

軽井沢に行ってきました

軽井沢に行ってきました。

軽井沢ですよ、軽井沢。

あの避暑地の軽井沢。

高級別荘が並ぶ軽井沢、

・・・・・に、研修会の講師

として行ってきました。

フジテレビ系列の3年生

までのアナウンサーが

ずらりと20数名。

その

「ピーチク・パーチク軍団」を

相手に、

「あーでもない・こーでもない」と

3泊4日。

朝から夜まで、いや深夜まで、

違う!未明までの合宿生活。

 

<まるで発声練習している

ように見える、TNCの

大型新人、松尾アナ。

実は、****中。>

いや、若い人(こういう言い方が古い人!)

の何でも吸収してやろうという

エネルギーに、学生時代の

サークル合宿のような

のりで対応、充実した4日間でした。

・・・・・・でもって、今日は

病院で「にんにく注射」を

うってもらいました。

 

にげきれるか!

きのう、「タマリバ」内の

ニュースコーナーを「代打」で

担当しました。

このニュースコーナーの

最後には、当日の番組中の

話題の中からひとつお題を

ピックアップして、スタジオから

聞かれるというコーナーが

ありまして、きのうのお題は

「思い出の映画」。

何故か、ふと思いついたのが

「レイダース・失われたアーク」。

日本では1981年12月に

公開された、インディー

ジョーンズシリーズの第1作。

映画の中でも主人公が

ピンチから逃げるシーンが

印象に残っているのですが、

いや、番組でも話しましたが

当時、私は高校3年生。

大学への受験勉強の

総仕上げともいうべき

タイミングながら、その

現実から逃げたくて

逃げたくて、映画を見に行ったり

当時大人気だった、

遠藤周作さんや北杜夫さんの

エッセーを読み漁ったり

していたのでした。

ちなみに、田舎の映画館は

洋画と邦画の2本立て。

もう一本は、薬師丸ひろ子主演、

「セーラー服と機関銃」。

その後の共通一次試験では

問題の機関銃にめったうち

にあい、1学年下だったはずの

薬師丸ひろ子さんと大学の

入学は一緒だったという

「うかった」のに「おち」が

ついたのでした。

で、じゃあ、今はというと

ホントはやること一杯、

てんこ盛りなので、

現実逃避してこのコラムを

書いているわけで・・・

何も変わって無いじゃん!!

(春風亭昇太さん風・・・。)

 

カレンダー

2012年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031