初ビーチバレーの実況!!

なかなかブログの写真が添付できず(パソコンの不具合で・・・)

ようやく、写真が添付できるようになったので、更新しようと思います。

少し前の話になりますが、5月の26日日曜日、初めてビーチバレーの実況をしました。

ビーチバレー

インドアのバレーボールとは違い、ビーチバレーは、

「風向き」が、最も試合の行方を左右します。

バットサイド、グッドサイド(風下がグッドサイド、つまり、戦いやすいサイド)に分かれ

両チームの得点を足して7点の倍数で、頻繁にチェンジコートが行われます。

ビーチ独特ののスパイク、ビーチバレーでは、「ショット」と言いますが、

「カットショット」や「ポーキーショット」など、特有の言い方もあり、専門用語も初めて出会う

ものばかりで、私が数多くスポーツ競技を実況してきた中でも、実況するには、

かなり難関な競技でした。

しかし、そこは、このお方、解説は、ビーチバレー協会会長の「川合俊一」さんでしたので、

川合さん

丁寧に、解説して頂き、助けて貰いました。

実況は、やってみて、今までとは違う「充実感」があり、

何より、ほとんどインドアでの実況ばかり(野球もそうです)でしたので、

久々のアウトドアでの実況は、本当に、開放感あふれ、気持ちいい、さわやかな気持ちで

中継していました。

海外

ももち浜の海岸から、「さざ波」を聞きながら、「涼しい浜風」を感じながら、

最高のロケーションで、中継をすることが出来ました。贅沢な気分・・・でした。

今回、中継の「相棒」として活躍してくれた「サングラス」!!

サングラス

実は、「サングラスをしながら実況した」のも、生涯初めてでした。

事前に、系列のビーチバレーを担当していた先輩からも、サングラスは必須と

聞いていましたが、その意味が、放送席に立って、やっと分かりました。

それほど、眩しい光・・・砂しぶき・・・。

「相棒」をかけないと、全く目の前の試合が見られません。

これもビーチバレーの実況の特徴の1つでした。

今回は、本当に、「初体験」が数多くあった、実況でした。

ありがとう「相棒」・・・しかし、ビーチバレーは、本当に楽しかったなあ!!

 

 

 

 

 

 

カレンダー

2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930