慌しい土曜日・・・

月曜日・火曜日と連戦の野球実況も終わり、今日は久々の休日。朝から慌しくも、しかし充実した土曜日だったのですが・・・。

先ずは、久々の週末休みと言う事で、二人の子供から、朝7時に起こされ、そのまま8時30分から、公園へ直行。上の娘の、補助輪を外しての自転車練習に付き合い、遂に、一人で補助輪なしで運転できるまでになりました。うれしい事1つ。12時に帰宅し、それからお昼ご飯を食べて、休むまもなく今度は、1時30分から、娘息子をスイミングスクールに連れて行き、うれしい事2つ目、妻と久々に泳ぎを見学出来ました。その後、家族と別れ、1時間30分、ジムで筋力トレーニングをし、向かったのは、ヤフードームでした。今日はハムとの大事なゲーム、杉内投手も先発ということで、クライマックスに向けて、取材をと、西新から徒歩で早足で向かったのですが、ジム終わりが5時過ぎだったので、到着したのは、試合が始まる直前、慌ててスコアブックにスタメンを記入し、さあ、臨戦態勢整ったという雰囲気で、試合が始まりました。8回まで先発杉内投手が好投し、②番手摂津投手へ。打線も、秋山監督の松田選手1番起用がずばり嵌り、1回裏に早速HR、小久保キャプテン、松中選手にもタイムリーが出て、うれしい事3つ目、これは、試合後いい取材が出来る、ハイテンションで意気込んでいたのもつかの間・・・・。うわっ。まさかの9回同点、延長に入って、うわっ、ファイターズ勝ち越し。結局4対5で破れ、首位ファイターズとは4.5ゲーム差まで開きました。悔しい。試合後秋山監督は、『残念でした。しょうがない。切り替えるしかない、まだまだ終わった訳ではない』と、言葉を搾り出すのがやっとでしたが、信じましょう。未だ明日がある、そして来週からは楽天との④連戦が待っています。最後の最後まで、ホークスを信じましょう。気付けば、2試合連続でスコアブックは延長12回までぎっしりでした。ちなみに、毎週金曜日放送の『なんしようと』でおなじみ、大のホークスファン『華丸』さんも、今日はスタンドで観戦していたそうで、試合中、試合後何度も電話が。試合前半は、『杉内さすがやね』・『このままならいけるばい』などなど『舌好調』も試合後は言葉少な。今日はお酒を飲みながら、ホークス談義だそうですが、美味しいお酒は、又『今度』でしょうね。

p2009_0926_233901

いよいよ明日 夏の小倉最終週

e4bb8ae4ba95e38195e38293e381a8p2009_0830_124734

 

いよいよ明日が、この夏最後の競馬中継です。

この夏MCになってあっと言う間の7月8月9月でした。

色んな人にお世話になった競馬中継。明日は集大成です。

一番MCとして小倉に来てくれた、今井りかさん。マネージャーの高崎さん。

写真、僕のお隣が、元同志社ラグビー部、北野高校出身 関西広報、同級生丸ちゃん、一番右が草食系鈴木氏、そして、変な顔が、競馬ディレクター大島君。寂しさも残る最終日、頑張ります。明日のゲストは、もりちえみさんです。放送は、午後3時からです。

エースの時間

 いよいよ、勝負の9月に突入したソフトバンクホークス、TNCでは、今月、13日の日曜日午後1時から、そして、21日22日の祝日に野球中継を連続で放送します。そのいずれも実況を担当する私の登板も、今シーズン残り3試合となりました。2日、早々と、13日の中継の為、先発予定の『杉内』投手(日曜日登板)の取材に、ドームへ向かったのが、お昼の12時50分、この日は、早出特打組がいなかった為、誰もいないドームのグラウンドで、杉内投手を待つ事に。実は、今シーズン何度か杉内投手に、単独でゆっくり取材をした事がありましたが、単独で話をゆっくり聞ける『エースの時間』があるのです。今のホークスは、投手と野手が別々に練習を開始する為、選手がグラウンドに姿を現す時間は様々。但し、投手は、全員が集まった時点で練習開始となるスケジュール。そんな中で、実は、誰よりも早くグラウンドに毎試合毎試合姿を現すのが、エース『杉内投手』なのです。昨日の火曜日は、先発登板2日後の為、休日。従って、日曜日の先発登板から次にグラウンドに現れるのは、今日水曜日と言う事になります。その杉内投手が必ずグラウンドに姿を現す時間があります、それは『1時30分』。投手全員が集まるのが、大体その10分後の1時40分です。通常杉内投手は、誰よりも早くグラウンドに姿を現し、一人で、フェンスに向かってボールを投げる時間があります。この時間凡そ5分(この5分の間でいかに取材できるかが勝負になります)。そして、次に、2番目に出て来るピッチャー(これまでは、神内投手でしたが、今は抹消になっている為、大隣投手か三瀬投手)とキャッチボールをすると言う流れ、そして、全投手が集まる集合時間を待つという『杉内投手のサイクル』があります。そこを狙って、今回も、杉内投手を待つ事に。しかし、この日は、何と、嬉しい誤算が。いつもより5分も早い、1時20分に一人グラウンドへ姿を現したのでした。これは、ゆっくり話が聞けると、そこを追いかけ杉内投手を直撃。幸運な事に、5分早く杉内投手が姿を現した為、二人でグラウンドに腰を下ろし、話は、『配球論』から、『マウンド上での信条』、『エースとは?』、『1回と2回から4回、そして、7回から9回までのピッチングの考え方、ピッチングの違い』、更には、『ダルビッシュ、涌井、田中将大についての話』まで、かなり有意義な話が出来ました。これは、9月13日の中継(杉内投手が先発すればですが・・・)で、たっぷりとお伝え致します。どうぞお楽しみに。もちろん、野球中継は、『取材をして来た話』を披露する場ではなく、あくまで、目の前で起こっている状況を、いかに臨場感を持って伝えられるかですので、そんな状況、取材した話がリンクするようになったら、スパイス的要素として、お伝えしますね。

 ちなみに、この日、2番目にグラウンドに出て来て、杉内投手とキャッチボールを始めたのは・・・明日先発予定の『大隣』投手でした。

 

カレンダー

2009年9月
« 8月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930