【松中道場グアム自主トレ帯同 その3】

~松中信彦 単独インタビュー~

最後は、松中選手に、WBCや王監督からの『宿題』などの話を、
単独インタビューしました。

話は、『日の丸への思い』・『王監督からの宿題・4番の凡打』・『WBCへの思い』など、
かなり、たっぷり、その話を伺いました。気づいたら、30分を越していました。

02

テーマ・『HR』
松中
『僕の中では、大輔(松坂)から打った1試合3本のHR、あれが一番かなと』
『アトランタでのHR、あれで、僕はプロにも入れたし、今がある』

04
テーマ・『4番の凡打』
松中
『王監督から、4番の凡打があると、4番というのはこういう風に
凡打しないといけないんだと、それは、大振りして豪快に三振するのか?
HRばかり狙って凡打するのか?答えは出ていない。

思い切って三振する、フライになる、それが凡打なのかなと、でもそうすると、
打率は上がらない、チャンスで打てない、ファンの人からは何だと言われる。
秋山さん、小久保さんに聞いても分からないと。
王監督からの、物凄く難しい宿題ですね』   

03
テーマ・『WBC』
松中
『今回は、前回と立場が違う。選ばれる事が第一条件。
名前だけで入るというのは絶対に良くない』

『皆、表舞台に出たいと思うんですよ。
でもスタメンから外されたとしても、何で俺が出られないんだと思う選手が
1人でもいたら、チームは勝てない。
今回は、そういう選手は一人もいないんじゃないかな。
第1回の時の様に、宮本さん、和田さんみたいに、腐らず応援する、手伝う僕は、
調子が良ければ出るだろうし、悪ければ代打もある、それでも問題ない』

ootani_shake_hand
テーマ・『決意』
松中
『僕がプロに入れたのは、アトランタがあったから。
日の丸を付けていい思いをして、最後に日の丸を付けて、
日の丸は最高だったなと思って野球人生を終わりたい、
それから最後はホークスでもう一度と言う野球人生のシナリオを描いている』

★この『単独インタビュー』は、1次予選の3日前、
  3月2日(月)の『テレ西のタネ』でたっぷりお伝えします。

【松中道場グアム自主トレ帯同 その2】

~大谷自ら練習参加編~

11

松中『大谷君、何で走らないの?』
大谷『え?』
松中『早く早く・・・』

10

何と、直接指名が・・・
今年から取り入れた『200m坂道ダッシュ』3本。

07

スポーツ紙3社の番記者と何故かテレビは、大谷のみ参加・・・。

ootani03

走り終えてから、
松中『大谷、こういう時に、実況するんだよ』
大谷『・・・・・・』(疲れ切って呆然)
実際、初めて取材して、練習も初めて参加し、貴重な経験でした。

松中『秋山さんの頃から、報道陣の皆さんには参加してもらっていて、そういう人達に、僕達の練習の厳しさ、辛さを分かってもらう事で、見てくれているファン、視聴者の人達にも、その大変さが伝わればと思って』

【松中道場グアム自主トレ帯同 その1】

今回から、3回に分けて、1月14日から3泊4日で初めて帯同した
ソフトバンクホークスの松中信彦グアム自主トレの報告・裏側を掲載します。
(何故か?関西弁風で・・・本人がやりたいだけです)

200901141140000
先ずは、第一回目、初めてのグアムや。
飛行機は、直行便で3時間45分、時差も1時間しかなく、ほとんど国内。
初日の機内食も、抜群の味やった。

200901141604000
平均気温30度、日本で言う7月上旬といった所、
移動タクシーからの景色も最高やったわ。

200901141633000
宿泊した『PICホテル』。選手も同じホテルで、こちらも最高。

200901141641000
到着後、早速近くを散策。
車は、8割日本車やったわ。

200901141645000
近くのスーパーも、日本と違い特大。

200901151009000
カメラマンさんと二人取材だったので、大谷もカメ足に。

200901151137000
過酷な自主トレ。

200901151949000
食事は、毎日、ハンバーガーか、バーベキュー並みの『肉・肉・肉』

その2は、取材リポートをお伝えします。

【大吉は幸先いい!!】

1月11日 日曜日、縁起のいい『1並びの日』、
太宰府天満宮に、家族で初詣に行きました。

200901111130000

さすがに正月ほどは混み合っていないであろう予測とは反して、
お昼でこの混み様。

200901111131000

そこで、家族でお参りをした後、おみくじを。

200901111205000
何と、ここ何年ぶりかの『大吉』!

これは、幸先いいスタートが切れそうです。

【皆は命懸けてます】

今回は、写真がなくてスミマセン。
さて、今回は、個人的に、大好きな実況『春の高校バレー』の事について書きたいと思います。

毎年、2月は、福岡県の県代表決定戦が行われますが、
福岡は、中学時代から全国的にレベルが高く、代表決定戦も、
毎年素晴らしい、壮絶な戦いが繰り広げられます。

男子で紹介すると、例えば、優勝候補の1つ、福岡大学附属大濠高校は、
中学時代日の丸を付けて世界と戦った選手がスタメン6人中半分の3人、
今の1年生は、中学時代日本一を経験しています。又もう一つの東福岡高校は、
今のメンバーで夏のインターハイ全国ベスト4、若き熱血監督藤元聡一監督の下、
今年も全国で期待されているチームです。

全国的に見ても、ベスト8以上に入れるであろうチームが、
県内に2チームもあること自体凄いのですが(又大会前にこのブログで紹介していきます)、特に、東福岡の藤元監督の『執念と情熱』は、凄まじいものがあります。
去年、優勝候補の福岡大学附属大濠高校を下し初優勝。
インターハイでも春高日本一の東京東亜学園を準々決勝で下し、
その名を一気に全国へ広めました。

とにかく、朝起きた時から寝るまで、バレーの事ばかり。
本人曰く『僕は相当なバレーフェチ』。選手への指導も、超熱血です。
監督曰く、奥様とお子さんがいるのですが、
冗談で『うちはほとんど帰ってこない』(笑)と言われているとか、
それも全部バレー、春高バレーに、精力を注いでいるからなんです。

もちろん、選手達も、『俺たちは日本一になる』と、
『本気』で考え、相当な練習量を誇っています。

藤元さん曰く『僕は、これに命を懸けています。

もちろん選手達にも命を懸けさせます』。
この言葉は、表面的な格好のいい言葉でも何でもなく、かなりの『本気・本音』なのです。

男子も女子も、特に上位に進出するチーム、
優勝するチームは、『これに命を懸けている』チームばかり。

従って、要は何を言いたいのかと言えば、実況する僕達も、
それに応えるべく、『命を懸けて中継』するつもりで
(もちろん熱くなり過ぎて、はちゃめちゃになるのとは違います)、実況します。

周りでは、『所詮県大会なんだから・・・』と言う人もいます。
テレビを見る人も、中には、『高校生スポーツ、ましてやバレーボールだろう』と
言う人もいるかもしれません。色んな人が色んな見方をしていいと思いますが、
福岡県の『春高バレー代表決定戦』は、
『青春そのもの』・『命を懸けている人達の壮絶な戦い』であることは間違いありません。

去年、先輩で『春高バレー』の実況をかつてしていた田久保アナが、
バレー協会との打ち合わせの時、こんな事を言っていました。
『後輩の大谷アナが春高を実況するのが、物凄くうらやましい、
何なら僕もその場に行って実況したい、それ位の情熱があるソフトです』と。
田久保アナも、僕と同じ気持ちなのです。

僕も今年春高実況10年目になりますが、生徒達と一緒に『青春』するつもりです。
チームの熱い気持ちに応えるつもりです、ですから、テレビを見る皆さんも、
『命がけで戦っているんだ』と言う『熱き思い』を、感じ取ってもらえればと思います。

放送は、2月7日午後4時からです。是非お見逃しなく。

カレンダー

2009年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031